栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

マスターコース(小学3~4年生)11月後半実験レビュー
[南浦和校]

メルマガ会員の方は、前回のメルマガの内容・テキスト内容と合わせてご覧下さい
実験内容が、よりお分かり頂けます

11月後半の実験では、駄菓子屋で見かけるカルメ焼きのひみつに迫ります。
カルメ焼き、最近ではあまり見かけなくなりましたね
『カルメ焼きって何??』という生徒も多くいました。

カルメ焼きは、重曹の熱分解で発生する気体を利用してふくらむお菓子です
では、どんな気体が発生するのでしょうか?

実際に重曹の熱分解の実験で、確かめてみましょう!

上皿天秤を使い、重曹を1g量ります。
M2017112401.JPG
試験管に入れ、アルコールランプで加熱すると・・・
M2017112402.JPG

試験管の中に変化が!!
M2017112403.JPG

また、試験管につなげたガラス管を石灰水につけると気体が発生!
しばらくすると石灰水の色が・・・
M2017112404.JPG
このように白くにごりました!!

さて、これらの変化は、重曹が熱によって何に分解されたからでしょうか
重曹は熱により『二酸化炭素+水+炭酸ナトリウム』に分解されます。
試験内についた水滴は『水』、発生した気体は『二酸化炭素』です。
この発生した二酸化炭素を利用して、カルメ焼きを膨らませているというわけですね!!

さて、重曹の熱分解の実験の後は、いよいよカルメ焼き作りに挑戦です!!
アルミカップに砂糖と水を入れ、少し色が変わるまで加熱します。
M2017112405.JPG
そこに、重曹を加え、すばやくかき混ぜると・・・
M2017112406.JPG
わ~!膨らんだ!!

中を割ってみると、たくさんの穴が開いていることがわかります。
M2017112407.JPG
この穴は何でできたものかわかるかな?

カルメ焼きのあま~いにおいに『おいしそう』『食べたい!』という声が続出でした!!
カルメ焼きの他にも、気体の発生を利用して膨らむ食べ物はたくさんあります。
どんな食べ物があるか調べてみると、面白いですよ

栄光サイエンスラボ 南浦和校 松本