栄光サイエンスラボ ~本格的な科学実験を通して論理的思考力を育成する~ 新年度開講

科学実験!先生ブログ

電子工作コース(小学3~中学3年生)6月実験レビュー
[新浦安駅前校][電子工作コース]

EL17062501.JPG

絵が動いて見えるアニメ装置を作りました
どのような仕組みになっているのでしょうか?

アニメ装置を作ろう

映画やテレビでアニメを見たことがある人も多いと思います。
アニメは少しだけちがう絵を素早く入れかえることで絵がつながり、 まるで動いているように見えています。
今回の実験ではLEDが点滅発光する回路を作り、ストロボ式アニメ装置を作成しました

まずはいつものようにブレッドボードに電子部品を差し込みます。
フォトトランジスタが光を感知すると、電流が流れる仕組みになっています。
EL17062502.JPG

次にアニメ装置を組み立てます。
EL17062503.JPG
これで完成!

さて、どうやって使うのでしょうか?

部屋を暗くし、アニメ装置を回し、光を点滅させてみました。
すると 「鳥が羽ばたいて見える」 (写真ではわかりにくいですが...)
EL17062501.JPG

装置にはスリットがついており、そのスリットからLEDの光が漏れると、フォトトランジスタが光を感知し、ブレッドボードのLEDが点滅する、という仕組みになっています。 ストロボ式アニメは、光を点滅させることにより、見える部分と見えない部分を作り出しています。
その映像を脳が補完し、あたかも絵が動いているように見えているのです。

この装置を使えば、自分の書いた絵もアニメにすることができそうですね!
どんなアニメを作りたいか、ぜひ自由に考えてみてください

栄光サイエンスラボ 新浦安駅前校 饗庭